カフェインの過剰摂取は害になる

Posted by info

睡眠に悪影響

カフェインの過剰摂取ですが、睡眠に悪影響を与えることがあるので注意しましょう。

またカフェインというとあまり摂取できないイメージがありますが、最近ではバリスタなどで抽出するコーヒーが増えてきているため、生活の中に溶け込んでいる飲み物の1つとして有名です。
昔からカフェインの過剰摂取と睡眠に与える影響について語っている人は多くいます。
ですが、どのような問題を生じるのかが不明であったため、あまり危険視されることはありませんでした。

主にカフェインの過剰摂取で起きる問題は以下のとおりです。

まずカフェインの過剰摂取には、気持ちがたかぶりやすくなるという問題があります。
気持ちがたかぶるようになると集中力が高まるのは確かですが、人によっては気分がはっきりしない状況に陥ってしまうのです。
例えば、勉強のためにカフェインの過剰摂取を行った場合、1時間程度であれば良い集中力で勉強に望めます。
しかし、2時間、3時間と時間が経過する内に気持ちが下がっていくような感じになり、段々と体が重く感じるようになるのです。

カフェインというのはすぐに消化、吸収される強みがあるのですが、コーヒーには大量のナトリウムが含まれるため、あまりカフェインの過剰摂取を行わないほうが良いのです。
集中力の減退が前述、後述としてカフェインを常飲している場合の危険性について案内させていただきますが、カフェインを常飲していると最終的にカフェインを過剰摂取しやすくなります。
つまり、他の飲み物をあまり飲まなくなってしまうのです。

この場合、飲む回数を減らせば良いと考えてしまいますが、この対処法では問題を解決することができません。
というのも、コーヒーに多く含まれているナトリウムは小便などの時に、少しずつ体外に出ていくだけだからです。
なので、コーヒーを良く飲む人は水も良く飲むようにしましょう。
このような対応をとるだけで、コーヒーに含まれているナトリウムを体外に良く出せるようになります。

依存症もある?

昔から言われ続けていることですが、コーヒーには依存症があると思っている人が現代でもいます。
ですが、現在のところ依存症と言われるトラブルもなく、またコーヒーを飲まれている人の数が多いわりに、目立った障害といった問題も浮上していません。

なので、コーヒーに関する依存症は人によっては少し見られる程度です。
コーヒーは前述のとおり心を高揚させてくれる要素もあるため、それが元で常飲されている人がいます。
このような人が缶ジュースのコーヒーといった、糖質がかなり多いタイプのコーヒーを良く飲んでいるため、最終的に健康被害を訴えているだけです。
なので、コーヒーそのものが人間に大きな悪影響を与えるわけではありません。